スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冒険家心得☆その2

2009/06/27 00:00
前回の冒険豆知識・準備編につづきまして、豆知識・実践編?です。

icon5.jpg 「リボンと観察心得とお弁当は持ったですよ!」

駆け出しなので現在まだまだ情報収集中です☆
良い情報がありましたら、教えてください♪お待ちしてます(*≧∇≦)ノ

冒険豆知識 ~実践編~

①書庫を活用すべし☆
それまでは地図入手のため書庫にいって蔵書を読み漁るということをしていました。
でも、地図目的ではなくても書庫の本をよむと、熟練値がちょっとずつ入ります。1回1~2くらい。
生産をしてみてから気付いたのは、書庫の本を読むって生産のスキル上げみたい。
もちろん、アイテムはできずにお金は減る一方なんですけど・・・。
連続して読めば、その場にいるだけで熟練が入る♪のはなかなかステキ。
調査系スキルはあがりませんが、学問スキル上げにこまめに書庫に通うようにしています。

②発見済・未報告の地図は拾得しない☆
この仕様を利用してわざと報告しないという人もいますね!
既に発見済で、報告をしていない地図は書庫で本を読んでも入手しません。
報告をすることで、同じ地図をまた入手することができます。

地図は既に発見したことのある地図でも、クエストのようにマークがつかず、区別できません。
なので、効率的に発見物コンプリートをしたい、もうやったやつを何度もやりたくない、という人はわざと報告をしないで、書庫で別の地図を出せるように(いらない地図をとらないように)している、というのを聞きました。

ただ、ベテランの先輩、Nさんの話では、現時点のクエスト・地図をすべてコンプリートしても冒険レベルはMAXにいかず、後々結局同じものをやる必要が出てくるので、最初から報告してたくさん地図をこなしておくほうが良い、とのこと。なるほどー。
私は今その中間を採用し、『遠くまで行かなきゃいけなくて大変なのに、ランクが低くてしょぼーんな地図は、1度だけ報告して2度目からは報告しない。』という方法がいいかな?と思っています。
(将来変わるかもw)2度目かどうかのチェックがちょっと面倒ですね><

③艦隊は楽しいだけじゃなくお得☆
一部の海事以外は基本ソロでできてしまうため、他のオンラインゲームよりも艦隊を組むことが少ないゲームだなあと思います。それが気楽で良いという面も。
でもせっかくMMOなので、都合があえば誰かと一緒に冒険をするのは楽しいデス♪
更に艦隊でやると、スキルを共有できたり熟練値を多くもらえたりというメリットも。
効率的にスキル上げできる、クエ回しや地図回しというものもあり、やり方を詳しく紹介しているサイトもあります。それも良いけど、その手順にのっとってやらなくても普段しているクエストをやるのと同じ感じで複数でやるだけでも経験値もお得だし、会話も弾んで楽しいです♪
冒険艦隊を募るシャウトって聞いたことないのですけど、やりたい人少ないのでしょうか??
今度リスボンでシャウトしてみようかなあ~。

④発見物コンプを目指す☆
冒険の基本はとにかく出ているクエスト、地図を片っ端からやっていくこと!だそうです。
それを端からやっていくのもいいのですが、時には自分で「これ!」と狙ってやるのも面白いデス。
お話が面白そう、とか、発見時のアイテムが欲しい、とか。
発見物コンプリート、というのも多くの人が持っている目標ではないでしょうか。
そこで、教えて頂いて以来私がずっとお世話になっている便利なサイトをご紹介します☆

大冒険 (Ubiqさま)
 発見物のチェックが可能なサイトです。
 それ以外にクエストや発見物の一覧が見やすくいつもお世話になっています。

大航海時代Online adventure tools (cookieさま)
 保存されたログを解析し、発見物達成率を表示するツールがダウンロードできるサイトです。
 
書庫篭り (アシュレイ・ビードルさま)
 地図の検索が簡単にできるサイトです。
 街や種類(学問)から検索することも、発見物から検索することもできてとても便利です。

またまた長くなってしまいました。
今回はこの辺で!!続きは次回!!(あるのか!?)



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

No title

1つ、豆知識を・・・w

ロンドン(リス・セビ)で出る「象牙の石櫃(美術5)」は、
発見場所がボルドーの教会なので、
ロンドン-リスを移動する機会が多そうなミツホさんには
ぴったりの地図です^^



Re: No title

おお!情報ありがとございます!
リスボンとロンドンは結構往復しているので、どちらの書庫でも出せる地図は良いですね!!



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。